05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.02/05(Thu)

冬の金沢へ 1 

2日~3日と友人と金沢に行ってきました。
、温泉風呂、カニ蟹を楽しみに、雪の金沢へ・・・・

朝6時に出発です。
朝に弱い人ばかりなのに、遊ぶときは特別です。

走ること1時間30分、いよいよに雪景色です。
青空も出て、お~~! なんと「妙高山」が、頂を見せてくれました。


    722.jpg



ところが程なく雪は消えて、1時間くらいで最初の目的地、
富山県南砺市井波の「瑞泉寺」「井波彫刻会館」の見学です。


723.jpg
   

「瑞泉寺」 明徳元年、本願寺5世、綽如上人により開創された後小松天皇の勅願寺

井波彫刻 住宅の欄間や衝立、置物などが主流で、国内最大級の木彫産業地。
江戸中期、瑞泉寺の本堂再建の折、京都本願寺より御用彫刻師が派遣され、地元大工がその技法を習得したのが、井波彫刻の始まりだそうです。


・・・と言うことで、井波の彫刻師のお店がならぶ情緒ある町並みを散策し、「彫刻会館」

    727.jpg

中は、撮影禁止です。
建物は近代的ですが、発祥がお寺の彫刻ですから、さすがに凄いと思いますが、好き嫌いは分かれそうですね。

そして今日最後の見学は、石川県小松市那谷町(なたまち)にある白山信仰の寺 
観音霊刹 自生山「那谷寺」(なたでら)です。


   728.jpg

上記のように、山門を入った途端、苔むした巨木が立ち並んでいます。

  729.jpg

静かで広大な自然の中にいると、ほっとします。
ここも雪はありませんでしたが、雪の多いところなのでしょう。
木々は、兼六園でおなじみの「雪吊り」がしてありました。


     731.jpg

のんびりと散策をして、今夜の宿は、山代温泉です。
ここにも雪はありません。
お宿にチェックイン後、温泉街をぶらぶら歩き、かの魯山人の寓居跡「いろは草庵」に立ち寄りました。

若かりし日の魯山人は、山代温泉の旦那衆との交流によって大成していったといっても過言ではないようですよ。(草庵の職員さんの説明)ここのひと時も、素晴らしい時間でした。

そしてお待ちかね、風呂蟹タイム。

今回の旅の一大イベント蟹は、み~んな食べることに専念、気が付いたときには、「ご馳走様」をしていました。う~ん、美味しかった~~! 満腹で~~す。

ちなみに、カニにはしっかりと「青いタグ」が付いていました。



あした(3日)は兼六園、近江町市場、東茶屋街・・・続きは後ほど


【編集】 |  23:51 |  お出かけ・旅・温泉  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。